【デジタルリマスター版】ジャック・リヴェット映画祭 上映5作品

【デジタルリマスター版】ジャック・リヴェット映画祭 上映5作品

各都市で行われていた

ジャック・リヴェット映画祭!!

 

ジャック・リヴェット

1928年3月1日、フランス北部の都市ルーアンに生まれる。49年にパリのシネマテークでフランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール、エリック・ロメールらに出会う。ロメールが主催するシネクラブ・デュ・カルティエ・ラタン発行の機関誌「ラ・ガゼット・デュ・シネマ」に携わるものの、「カイエ・デュ・シネマ」誌の創刊に合わせ同誌は廃刊、以後「カイエ」誌にて多くの優れた映画批評を執筆。63年から3年間に渡って「カイエ」誌の編集長を務めている。映画監督としては49年に初の短編を、そして56年にはクロード・シャブロル製作で『王手飛車取り』を発表。60年に『パリはわれらのもの』で長編映画デビュー。以降、内容が反宗教的と判断され一時上映禁止となったアンナ・カリーナ主演の『修道女』(66)や12時間を超える長尺『アウト・ワン』(71)など話題作を手がける。今回上映される『セリーヌとジュリーは舟でゆく』(74)をはじめとした5作は、ヌーヴェルヴァーグの作家たちの中でも極めて個性的だったリヴェットが最も精力的に活動していた中期の作品群にあたる。その後も『地に堕ちた愛』(84)、『彼女たちの舞台』(89)など傑作を連発、中でも第44回カンヌ国際映画祭で審査員グランプリを受賞した『美しき諍い女』(91)は日本でも多くの観客を集めた。2000年代に入っても創作意欲は衰えず、『恋ごころ』(01)、『ランジェ公爵夫人』(07)など瑞々しい感性を見せるも、2016年1月29日、パリにて死去。87歳没。(デジタルリマスター版『ジャック・リヴェット映画祭』チラシより)

 

ジャック・リヴェット映画祭 上映5作品

セリーヌとジュリーは舟でゆく1974/193分/フランス/カラー

デュエル』          1976/121分/フランス/カラー

ノロワ           1976/135分/フランス/カラー

メリー・ゴー・ラウンド   1981/161分/フランス/カラー

北の橋』           1981/127分/フランス/カラー

 

感想

なんと5本とも全部

2時間超えだったんですね!!ww

 

 

今、気付きました!!ww

 

比較的長尺だとは思っていたけど、、、

 

 

ファンタジーと独特の演出が印象的な

ジャック・リヴェット監督。

 

不思議な世界観を味わいました。

 

 

個人的には

 

『セリーヌとジュリーは舟でゆく』と

『デュエル』が

 

お話的には好きな感じでした。

 

 

主人公たちはそれぞれに

魅力的な女性たち。

 

 

ご興味あれば、

ぜひご覧ください。

 

 

最新情報をチェックしよう!